より便利に使うには?

無線LAN環境があれば、様々なことが可能になります。無線LANはただ単に無線状態でのインターネット利用が出来るようになるだけでなく、『DLNA』や『NAS』というような規格も用いられるようになります。

『DLNA』とは『Digital Living Network Alliance』の略称であり、無線LANに対応したスマートフォン、タブレット、パソコン、テレビ、ゲーム機などの機器同士が、写真や動画などのデータを自由にやり取りできるようになる技術です。例えば、DLNAに対応した機器同士が同一空間にあり、同一の無線LANに接続されている場合、片方の機器で、片方の機器に格納されている写真や動画データを再生出来るようになります。無線LANとDLNAに対応したテレビがあれば、テレビでパソコン等に入っている高画質の動画を再生出来るようになります。

『NAS』とは、最近では家庭でもよく用いられるようになってきたシステムであり、『Network-Attached Storage』の略称です。コンピュータ間のネットワークを通して、データの保存・再生が可能になっています。NASには一般的に複数台のハードディスクやSSDを用います。それと共に、データの消失を防ぐため、『RAID 0』や『RAID 1』を用いて、ミラーリング(ハードディスク等の記憶装置に格納されているデータを丸ごとコピーしクローンを作成すること)を行えます。