有線LANとどう違うの?

現在主流となっている無線LANが主流となる前は、誰もが『1000BASE-T』に準拠した有線LANを用いていました。モデムとパソコンなどの通信機器を直接有線で繋ぐ方法で、通信が安定しているのが特徴でしたが、これでは基本的に1台の通信機器しかインターネットに接続することができず、不便でした。そこで主流となっていったのは、無線LANルータを用いたインターネット利用です。

基本的に無線LANは、私達家庭環境で用いられることを想定しており、例えばそれが街全体を覆うような電波を発信することは、許可されていません。しかしその普及により、私達は格段にインターネットを便利に活用出来るようになりました。

これが実用化されるに当たっては、それの皮切りとなる商品が登場したことが関係しています。そもそも無線LAN規格とそれが使える機器が登場してからは、通信速度が遅く、安定していなかったこともあり、主流になるには至りませんでしたが、通信規格である『IEEE802』の規格が進化し、有線と変わらないほどの通信が行えるようになって、これが主流となりました。有線に比べて、やはり通信の不安定さがぬぐえない部分もありますが、それも確実に行えるような環境を整えることにより、改善できます。