無線LANって何?

通信技術が発達したこの世の中において、様々な人がそれを活用し、仕事や趣味などに用いています。スマートフォンやタブレット端末が主流になったこの世の中において、私達が用いることのできる手段はたくさんありますが、その中でも通信技術は、類い希な発展を遂げてきました。誰もが高速の通信をどこでも用いられるようになり、大容量のデータを常に通信し続けることも可能になりました。

そんな世の中において発達してきた通信技術の中心にいる存在と言えるのが、『無線LAN』の存在です。現代では数多くの家庭に、固定のブロードバンド回線が敷かれています。これによって、誰もが高速のインターネット回線を用いられるようになっています。しかし、ただたんに家庭にインターネット回線がつながっている、ということだけでは、様々な機器でインターネット通信を用いることはできません。そのためには、主に二つの機器が必要となります。

まずは、『モデム』と言う機器です。今ではONUという小さい規格になっていることもありますが、これには電波を変換する機能があります。それによって私達は、パソコンなどの有線接続機器において、インターネットを使えます。もう一つ必要なのが、『ルータ』です。厳密にはこれがなくてもインターネットは使えますが、現在主流となっている『無線LAN』を活用するためには、この「無線LAN」に対応したルータが必ず必要になります。では、無線LANとはどのような仕組みなのでしょうか。